石村隆行先生プロフィール

中学・高校・大学を通じて、マンドリンクラブにおいて指揮者として活躍。1984年日本マンドリン連盟主催第9回独奏コンクール第1位。1986年渡伊、PadovaのCesare Pollini音楽院に留学、1993年Alassio市主催の国際器楽コンクール・ギター・リュート・マンドリン部門で第1位。同年音楽院を首席で卒業しディプロマを得て帰国。1994年デビューリサイタルを開き、同年12月ESTUDIANTINA PHILODOLINO di KYOTOを組織。演奏、指揮、編曲、研究等幅広い活動を行う。
中野二郎、川口雅行、Ugo Orlandiの各氏に師事。同志社大学マンドリンクラブ及び甲南大学文化会マンドリンギタークラブ技術顧問、名古屋音楽大学客員教授。

まさか石村先生にコンコルの指揮を引き受けていただけると思っておりませんでしたが、ご快諾いただき団員一同感激しております。大変光栄な事であると同時に、先生の求める音楽を表現するという事は大変責任重大であります。

今回はボッタッキアリ、デ・ミケーリ、クロッタというイタリア作品の中でも浪漫の極みと言える作品たちを石村先生の指揮で演奏出来るとても贅沢な選曲になりました。また今回の為に、デ・ミケーリと同時代同地方の作曲家コルトパッシの作品を編曲していただき演奏します。この作曲家を紹介するのはおそらく日本で初めての事と思われます。

多くの方にお聴きいただきたく、またこれを機会に一緒に演奏してくれる奏者も募集したいと思っています。

初回の練習がどんな事になるのか、その光景を想像し、いまからワクワクしています。

                                                                                     2020年9月  コンコルディア 横澤 記

© 2020 Mandolin Orchestra Concordia