top of page

開催概要

日時 : 2023年6月10日(土)  開演時間未定  

場所 : かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

入場無料(但し招待券またはオンラインチケットをお持ちの方のみとする予定です)

※未就学児は入場出来ません。

※新型コロナウィルスの感染状況により予定が変更となる場合があります。

予定曲目(変更となる場合があります)

第11曲「別れの歌」第12曲「終曲・祈りと礼讃」

第1部  

 ・久保田孝 : 舞踊風組曲第一番

 ・齋藤秀雄 : EKSTASE (恍惚) 

 ・H.ヴィラ=ロボス / 樋口優一 : ブラジル風バッハ第9番 

第2部   ソプラノ独唱 手島由紀子

 ・D.コルトパッシ / 石村隆行 : セレナータ「白い影」(委嘱編曲初演)

 ・U.ボッタッキアリ/石村隆行 : 歌劇「愛の悪戯」よりアリア「私の名はネリー」

 ・D.ベルッティ / 小穴雄一 : 詩劇「天から落ちた一輪の薔薇」より抜粋 (委嘱編曲初演)

     第1曲「前奏曲・夜明け」第4曲「祈り」 第6曲「サンタテレサの死と変容」 

第3部

 ・柳澤明良 / 組曲「アントニオ・ガウディの建築」(委嘱新版初演)

聴き処

半世紀を超える歴史を刻んできたコンコルディアですが、そろそろ新しい風も吹き込んできました。次の50年への第一歩となる演奏会では、これまで必ずプログラムに入れてきた、「コンコルっぽい」作曲家の名前がありません。

第1部は次世代コンコルディアの基盤作り。若い指揮者たちがそれぞれに熱い思いで選んだ、やはりコンコルっぽい曲が並びました。滅多に演奏される事の無いあの「齋藤秀雄」の作品や、複雑な変拍子に彩られた異色なBB9への挑戦、 私たちが変拍子に触れた最初のきっかけだったかもしれない舞1等、これから9カ月かけて練習に励めるであろう曲達です。

第2部ではソプラノ独唱に手島由紀子さんを迎えて、よく知られた作曲家ではありますが皆様お聴きになった事のないであろう、ボッタッキアリのアリアとベルッティの音楽劇を中心にしたステージ。「天国から落ちた一輪の薔薇」は1939年に出版された歌手・演者・寓意像の為の非常に美しい宗教的作品です。他の作品からの引用、と思いきや実はこちらが原典なのではという聴き処があちこちに。ステージの頭ではD.コルトパッシの魅惑的な作品に浸っていただきます。

​さて第3部、これまたお聞きになった事のある方は殆どいないと思われる柳澤明良さんの組曲「アントニオ・ガウディの建築」。実は1993年の初演を聴いてからずっと、いつかこれをと温めてきました。この度ご縁があって作曲者の柳澤さんと色々相談する事が出来、新たな構想で大幅に手を加えた新版を演奏させていただける事になりました。全5楽章からなる壮大なガウディの物語にご期待ください。

bottom of page