top of page

Zip-a-Dee-Doo-Dahは1946年

公開の映画「南部の唄」の挿入歌で、

作曲はアリー・リューベル、

作詞はレイ・ギルバートが担当し

翌年のアカデミー歌曲賞を

受賞しているが、

テーマとなった映画が人種差別を

助長している等として、

現在は自主規制で

お蔵入りとなっている。

It's a small worldは1962年に

ディズニーの音楽を手掛けた

ロバート・シャーマン、

リチャード・シャーマン兄弟が

"Children of the World"

という新アトラクション用

に書き下ろしたテーマソング。

当初はスローテンポであったが

ウォルト・ディズニーの希望で

快活なテンポの曲になった。

本邦では若谷和子の訳詩で

知られているが、原曲は​

「私たちは多くのことを共有している。

そろそろ気づいてもいい頃だ。

結局のところ、小さな世界なのだ。」

と歌われており、

やや哲学的な一面も伺える

No.09~17
Disney Medley
Zip-a-Dee-Doo-Dah  
It's a small world
bottom of page